グーグルアナリティクスのトラッキングコード

在宅フリーランス女性『るきさん』の働き方・暮らし(一部ネタバレ)

2022年2月1日

高野文子さんによる漫画作品はいくつか持っているのですが、漫画と小説の間にあるような、不思議な空気感があって大好きです。

画はどことなくサザエさんやポパイを思い起こさせるひょうひょうとしたタッチで描かれていて(しかもオールカラー!)、普段漫画を読まない私にも抵抗なし。

るきさんは雑誌『Hanako』で’88年から’92年まで連載され、バブル期を背景に描かれていますが、るきさんはバブリーで華やかな生活を送る女性ではありません。
ある意味地に足のついた、現代的な逞しさのある女性で、どうやら年齢は三十代半ばらしい。

大雑把で合理的で節約家で、いつも軽やかに生きる、るきさんの日常はこんな感じです。

在宅フリーランスの羨ましい暮らしぶり

一ヶ月分のお仕事は在宅で一週間で終えてしまって(お医者の保険の請求をするお仕事らしい)、あとは図書館に通って、焼きそばパンとコーヒーを頼んでお昼寝したり、趣味で切手を集めたりしています。
フリーランスの羨ましい暮らしぶり。考えてみれば私も似たようなものなんですけどね。

るきさんに大きな事件や人生を揺るがすドラマなんかはありません。
あるときは図書館で子供と本を取り合ったり、あるときは湯船に浸かりながらコーヒーを飲み、お風呂で丸一日生活してみたらどうだろう、、、と妄想を楽しんだりします。

親友のえっちゃんは、るきさんとはちょっと性格が違います。
デザイナーズらしきマンションに住んでいるバリバリの会社員。無添加食品を好み、着ないブランド服をため込むタイプ。
二人はお互いの部屋を行き来しながらも、絶妙な距離感を保っています。

ここで私の好きな回を2つご紹介しましょう。ちょっとだけ人生を考えさせられます。

   

お煎餅のエピソード

ひとつは、お煎餅のエピソードです。

るきさんがお煎餅をくわえたまま爽快に自転車をこいでいたら、お煎餅が口から離れて、民家の庭の木に引っかかってしまいます。

一口しか食べてなかったのに。と思いながらその場をあとにするわけですが、その夜、るきさんはなんとなーくお煎餅のことを思い出しています。

今頃、夜露にぬれてるかな。。。
私ならうちまで歩いて10分だけど、お煎餅からしてみたら相当な距離だな。。。と。

慌ただしい生活を送っていたら、こんなふうにお煎餅側の立場になって思い巡らしてみることってなかなかありません。
もしお煎餅が、るきさんの後を追ってうちまで戻ってこられたら。

そんなことを考えている時間ってなんと平和で創造的なんだろう。そこからひとつ物語が生まれそうな予感もします。

スキップのエピソード

それからもう一つのお気に入りは、るきさんのスキップのエピソード。


春だから気持ちが良くてスキップするるきさん。

「なんで恥ずかしがる必要があるの?お天気のいい日にスキップしてなにがいけないの?」と、親友のえっちゃんに言う場面があります。

そういえば、大人になってからスキップしなくなったなぁ、と思いませんか?

大人だって楽しいときは堂々とスキップしたらいいんです。楽しい気持ちをもっと表現してみたらいいんです。るきさんの視点で日常を覗いてみると、毎日がもっと軽やかに楽しく、愛おしく見えてくるかもしれません。

ちなみに、るきさんの最後はなんと、趣味で集めていた切手を売り飛ばしてさっさとイタリアのナポリに移り住みます。ナポリから送られてきた写真には、日本と変わらないごく普通の部屋に炊飯器と焼き魚。その横にはきちんと正座してごはんを楽しむるきさんが写っていました。

世界中どこにいても、るきさんはるきさんなのです。

逞しくのびやかに人生を謳歌するフリーランスのバイブル本でした。

Follow me!