グーグルアナリティクスのトラッキングコード

営業や顔出しが苦手でも売れっ子ハンドメイド作家になる方法

こんにちは。
私は田舎でのんびり生活している専業のハンドメイド作家です。

長年作家をやっていると、それほど大きく売れている実感はなくても、色んなところで取り上げていただいてブランドの名前が売れたり、売れっ子作家と呼んでいただくことも多くなります。

ただ専業作家として生活できている作家さんは、ハンドメイド作家の中ではけっこう珍しく、私の周りでも専業の人はとても少ないのが現状です。

それでもなんとか専業作家をやっている私ですが、実は接客や営業や顔出しは現在ほぼやっていません。
売れっ子作家の王道としては、作家自身がブランドの顔となって、SNSでもイベント出店でもどんどん前に出てブランドを引っ張っていくもの、と思われているようなのですが、私にとってそれは罰ゲームのようなもの。

とにかくまったく向いていないので、やらないようにしています。

それでもなんとかなるのです。
なんにでも王道パターンというものはあって、その王道を外れる人もまたいるわけですが、王道を外れた私のようなタイプでも専業作家として成り立つのだということを、今回は強くお伝えしておきたいと思います。

接客や顔出しが苦手なハンドメイド作家さんのご参考になれば幸いです。

 

苦手な接客は得意な人に任せる!『委託販売+ネット販売のススメ』

営業や接客が苦手と言っても、ハンドメイド作家というお仕事に、営業や接客は欠かせません。
とても大切なお仕事だからこそ、苦手な自分よりも、得意な人に任せましょう。


接客は接客のプロにお任せするのが合理的で効果的

つまり、対面のイベントなどで作家自身が売るのではなく、かわりに委託販売などを活用するというやり方です。

委託販売なら、お店の方(販売のプロ)に販売してもらえます。

営業も同様に、対面営業ではなくSNSやブログ、メールなどを使います。
文章や写真でブランドの魅力、世界観を伝えるのです。
さらに、そこで興味を持ってもらったお客様が購入できるよう、ネット販売も行います。

対面でなければ売れない、売れにくいということはありません。
多少の時間と根気は要りますが、きちんと世界観が伝われば全国から注文が入るので、ネット販売のほうがよく売れるという場合もあります。

ちなみに私の場合も、作家の私が直接対面販売するよりも、ネット販売や委託の方がしっかり売れます。

 

 

短期間で成果を出す売り方

なぜ苦手な対面接客をしないことを勧めるかというと、理由は簡単。

苦手なことに注力するよりも、得意なことに時間と能力を使う方が短期間で成果が出るからです。

経験してみると痛いほどわかりますが、苦手な方法で売ろうとしても、悪戦苦闘の結果、玉砕かギリギリセーフ。時間は限られているのに、苦難ばかり続きます。

逆に、王道でなくても自分にできる方法に切り替えたら、軽々と成果が出たりします。

人によって向いている売り方、向いていない売り方があるのです。

向いていない売り方をしない。
向いている売り方かどうかわからなくても、どちらかというと向いているかもしれない、と思える売り方をする。

これが短期間で成果を出す売り方のコツです。

向いていない売り方をしないメリット

向いていないことをしようとすると、向いている人がやるよりも倍も時間がかかったり、倍の努力が必要と感じたことはありませんか?

向いていない接客を頑張る時間があるなら、少しでも向いているオンラインショップを充実させたり、作品をブラッシュアップするのに集中したほうが、ブランドの成長スピードは速まりますし、もちろん売上げも上がりやすくなります。

特に単独で活動しているハンドメイド作家なら、幅広い業務をすべて一人で行っているわけですから、得意な部分をどんどん活かし、不得意な部分はできる限り他人の手を借りて進めるのがおすすめです。

専業ハンドメイド作家の接客失敗談

ここで、私自身の接客の失敗談をお話しておきたいと思います。
駆け出しの頃の私は、イベントなどにも積極的に出店し、お誘いがあってもほとんど断ることなく、百貨店など様々な場所に出店しました。

接客が得意でないことは昔から薄々気づいていましたが、お客様とお話することは好きですし、作家同士のつながりもできるので楽しく参加していました。

ですが、何年か経験を重ねるうちに気づいたことがあります。
ひとつは、私がいないほうが売れる、ということ。

客観的な事実として、私以外の誰かが売ると売れる、私がいると売れない、ということがありました。笑
色々考えてもなぜだかわかりません。

これではいけないと思い、立派な売り子になろうとして努力した時期もありました。ブランド世界観を体現するような服装や接客態度を試したりもしました。

ブランドの接客はある種、ブランドのイメージキャラクターになりきる、という役者的な要素が求められます。

みんなある程度はキャラクターを演じながら社会生活を送っている部分があるでしょうから、日頃の演じ度合いによって向き不向きが決まるのかもしれませんね。

もちろんもっと初期には、まったくの自然体で売ろうとやってみたときもありました。
仲良くなって個人的に連絡先を交換したりした人はいましたが、売り子としてはまったくダメでした。

そんなわけで、とにかくどうも、私には接客というものが向いていなかったのです。

対面接客できなくても、信頼を得ることが肝

前述の通り、接客ができなくても心配ありません。
委託販売やネット販売など、対面以外の方法をとればいいのです。
私のように、対面なしでも専業作家になることもできます。

ただ、いつも心に留めていることがあります。
それは対面でお客様とつながるときのように、安心してもらえるように心がけることです。

作家の声と顔を見ながら作品を購入する場合、お客様は知らず知らず安心を感じています。
「目の前のこの人がつくった作品なんだ」ということが作品への信頼に繋がっているのだと思います。

ただ対面でなくても、やりとりの文面やSNSやブログなどでの発信の仕方、ブランド世界観の伝え方で、同等の信頼を得ることは可能です。

ハンドメイド作家がお客様から信頼を得る伝え方《ブログ・SNS・注文時》

①不安にさせない


発信するSNSの文章の内容にネガティブな表現を使わないことなども大切です。

必要な時は、先にネガティブな要件を済ませておいて、文末にポジティブな感想を入れてまとめるなど、安心感のある発信を心掛けます。

またネット販売でご注文が入ったときのやりとりでは、迅速にお礼の言葉を送り、発送予定日をはっきり明記します。

商品説明欄には、作品のお手入れ方法、長持ちさせる秘訣などを丁寧に書くことで安心感につながります。
こんなふうに、お客様の不安要素をできる限り取り払うよういつも意識しておきましょう。

 

②作品以外の日常の楽しいこと、素敵な出来事を時々発信する

日常にあった些細なこと。季節の移り変わりや身の回りにある自然や人とのちょっと素敵なできごとなど、心のほぐれるようなことを時々発信します。

ブランドイメージによっては作家のプライベートを出すか出さないかは意見の分かれるところかもしれませんが、作品以外のことを書いたときにだけコメントをくださる方がいたりします。

作品に興味があるものの、営業ではない、作家自身の自然体の発信に、ホッとするのかもしれません。


そういうことの繰り返しによって、ブランドがより身近に感じられたり、ふっと購入意欲が湧いたりするのだと感じます。

 

③目に触れる頻度を上げる

「単純接触効果」と呼ばれる心理効果をご存知ですか?
人は、何度も繰り返し接触することによって、好感度や評価等が高まっていくという生き物です。
たとえ興味がなくても、会えば会うほど、知れば知るほど警戒心が薄れ、好意を持つ性質があるのだそうです。

それほど興味のなかった芸能人を、テレビで毎日見るうちに好きになってしまうのと同じ。(誰でも好きになるということはありませんが、会ったことのない他人より芸能人のほうがよっぽど信頼できる気がしませんか?その人の人間性をほとんど知らなくても。そう思うと、ちょっと恐ろしい気もしますね。)

つまり、毎日のようにSNSやブログなどに投稿して、フォロワーさんに毎日作品を見てもらうことは、作品に対する信頼度、好感を上げることに繋がるというわけです。

【まとめ】接客が苦手なハンドメイド作家でも諦めなくて大丈夫!

さて、ここまで接客の苦手な専業ハンドメイド作家が対面接客なしでも売れっ子作家になる方法というのを書いてきましたが、いかがでしたか?

『ハンドメイド作家はイベントが主戦場』のような風潮もどこか感じますし、肩身の狭い思いをしている作家さんは少なくないのではないでしょうか。

確かに接客や営業の得意なハンドメイド作家は有利だと思いますが、
できないことはやらない。
できることをどんどんやる。

そうすることで無駄が削ぎ落とされ、自分なりの道に最短で進むことができるはずです。

【おまけ】確定申告が苦手なら税理士さんにお願いする

それから私は確定申告やお金に関する業務も苦手なので、近々、税理士さんにやってもらうようにしたいなと考えています。

こちらは、個人事業主向けの税務顧問サービス。「節税効果>税理士報酬」で税務対策ができます。

意外と低額で、想像していたよりハードルが低かったりします。

それから、確定申告については少しでも楽になるよう、 (freee)を利用しています。

こちらも低額なのに、確定申告の苦手な私でもかなり時間が短縮され、気持ちの負担も軽くなりましたので、まだ利用していない方にはとてもおすすめです。

どうしても向いていないことはプロや専門サービスにお任せする。

ハンドメイド作家のお仕事にまつわることへの苦手意識が作家生活の邪魔をしていると感じる方は、ぜひ試してみてくださいね。

 

Follow me!